預防淋巴水腫從門診開始(日文書)

J3181L-1415

ISBN

9784260014151

作者/出版社

增島 麻里子 /醫學書院

出版年代/版次

2012/1

定價NT$ 1,219
NT$ 1,219
數量

重量:0.6kg  頁數:204    裝訂:平裝  開數:26*18.5  印刷:彩色

現貨供應

目次
はじめに

第1部 リンパ浮腫Q&A
 Q1 リンパ浮腫とは何ですか?
 Q2 リンパ浮腫になったら、どのようにむくむのでしょうか?
   普通のむくみとは、どう違うのですか?
 Q3 がん治療の後、いつまでリンパ浮腫発症に気をつければよいですか?
 Q4 リンパ浮腫は、どのように予防すればよいのですか?
 Q5 「上肢に負担をかけないように」と言われましたが、
   どのようなことが負担になるのでしょうか?
 Q6 下肢のリンパ浮腫になる可能性があるのですが、
   スポーツをしても大丈夫でしょうか?
 Q7 乳がん手術後にテニス(身体の一部分を多く使う運動)をしても大丈夫ですか?
   上肢のリンパ浮腫発症が心配です。また、プールに入っても大丈夫ですか?
 Q8 旅行は、リンパ浮腫の発症に影響するのでしょうか?
 Q9 リンパ浮腫を予防するためには、
   身体を温めて血行をよくするほうがよいのでしょうか?
 Q10 太らないほうがよいと言われたのですが、なぜですか?
 Q11 蜂窩織炎とは何ですか? なぜなるのですか?
 Q12 蜂窩織炎は危険ですか? 蜂窩織炎の対処方法は?
 Q13 リンパドレナージをすれば、リンパ浮腫を予防できますか?
 Q14 弾性スリーブをつけることで、上肢リンパ浮腫の発症を予防できますか?
 Q15 下肢リンパ浮腫の発症リスクがある場合、発症予防のために
   弾性ストッキングをはいたほうがよいでしょうか?
 Q16 リンパ浮腫が発症してしまったら、どのような治療法があるのでしょうか?
 Q17 弾性スリーブは、いつごろから使用するのがよいのでしょうか?
 Q18 がんの術後療法を受けている場合、リンパ浮腫への影響はありますか?
 Q19 リンパ浮腫発症後、むくみがとれたら弾性スリーブは外してよいのでしょうか?

第2部 がん疾患や治療に関連したリンパ浮腫
 1 リンパ浮腫に関わる解剖生理と疾患の知識
 2 乳がん治療とリンパ浮腫の関係
 3 婦人科がん治療とリンパ浮腫の関係
 4 泌尿器系がん治療とリンパ浮腫の関係
 5 リンパ浮腫のアセスメント

第3部 リンパ浮腫予防指導
 1 リンパ浮腫予防指導で何を伝えるか
 2 リンパ浮腫予防指導前の患者アセスメント
 3 リンパ浮腫の早期発見のポイント
 4 リンパ浮腫の予防指導
 5 外来における予防指導後のフォローアップ

第4部 リンパ浮腫が発症したら
 1 リンパ浮腫発症後の治療を担う人と施設
 2 治療専門機関との連携

第5部 複合的治療
 1 複合的治療
 2 スキンケア
 3 用手的リンパドレナージ
 4 圧迫療法
 5 運動療法

第6部 リンパ浮腫指導管理料と弾性着衣の療養費支給
 1 リンパ浮腫指導管理料
 2 弾性着衣の療養費支給

資料 リンパ浮腫セルフケアブック

 おわりに
 索引